[Config設定例]Ciscoルーターで最大送信/受信ルート数を制限する。

免責事項

本設定例を利用し生じたいかなく損害についても、当団体は一切保証いたしかねます。
下記コンフィグはあくまで設定例です。各環境やセキュリティについて十分配慮したうえで、ご自身で設定されることをお勧めします。
下記コンフィグは下記の環境で検証を行ったものです。
Cisco 2901 IOS Version 15.7(3)M6

設定概要

経路交換をしている複数のPOPをPeer groupにて一括管理し、入出力方向のルート制限を実施する。
貴拠点

AS番号 65500
IPv4ピアグループ SDCC-IBGP01v4-01
IPv6ピアグループ SDCC-IBGP01v6-01

対向側

ASN IPv4/IPv6
拠点1 65501 10.0.0.1/fc00::1
拠点2 65502 10.0.0.2/fc00::2

設定例

router bgp 65500
 !あらかじめ、PeerGroupを設定します。ここでは、Keepalive間隔についても設定しています。
 neighbor SDCC-IBGP01v4-01 peer-group
 neighbor SDCC-IBGP01v4-01 timers 10 30
 neighbor SDCC-IBGP01v6-01 peer-group
 neighbor SDCC-IBGP01v6-01 timers 10 30
 !ネイバーとPeerGroupを紐づけます。
 neighbor 10.0.0.1 remote-as 65501
 neighbor 10.0.0.1 peer-group SDCC-IBGP01v4-01
 neighbor 10.0.0.2 remote-as 65502
 neighbor 10.0.0.2 peer-group SDCC-IBGP01v4-01
 neighbor fc00::1 remote-as 65501
 neighbor fc00::1 peer-group SDCC-IBGP01v6-01
 neighbor fc00::2 remote-as 65502
 neighbor fc00::2 peer-group SDCC-IBGP01v6-01
!
 address-family ipv4
  !1000経路を超える経路を受信した際に、ピアを切断し、5分後に再接続を試す設定です。ピアグループに所属するピアを一括で設定可能です。個別設定も可能です。
  neighbor SDCC-IBGP01v4-01 maximum-prefix 1000 restart 5
  neighbor 10.0.0.1 activate
  neighbor 10.0.0.2 activate
  no neighbor fc00::1 activate
  no neighbor fc00::2 activate
!
 address-family ipv6
  !4000経路を超える経路を受信した際に、ピアを切断し、5分後に再接続を試す設定です。
  neighbor SDCC-IBGP01v6-01 maximum-prefix 4000 restart 5
  neighbor fc00::1 activate
  neighbor fc00::2 activate